きりんのきもち

Illuminate KAMIKAZE

The only salvation of life.. alcohol, heavy metal.. and bearded guys

【ゲームレビュー】35MM

 Steamで見つけたインディーズゲーム。ロシアを舞台にした雰囲気重視FPS…もともと800円くらいなのにセールで半額になってたので買ってしまった(笑) 

  【良点】

  • 雰囲気がとにかくいい。北の森から寂れた村、見捨てられた地下通路、巨大な廃墟施設…東ヨーロッパ最高!って感じ。
  • エリアによってゲームの雰囲気が違って面白い。最初はオープンワールド風だがホラーゲームっぽい部分もあったり。
  • 主人公がいい感じに弱いので緊張感ある。パートナー共に二人ともいまいち外見も冴えないとこがたまらん。
  • ボイスのロシア語もいい味出してる。

f:id:shinpuuu:20180706101532j:plain

f:id:shinpuuu:20180706101536j:plain

【悪点】

  • ゲーム自体がかなり短い。10時間以内に終わる。クリアだけなら頑張ればその半分でもいけそうだし、実績全回収してもそんなにかからないと思う。エンディングバリエーションについては一周しか試してないのでちょっとわからないが。
  • セーブがステージごとのオートセーブなので、途中で止めたり一部のイベント以外で死んだりするとリトライがだるい。
  • 銃器類の弾薬設定が渋い...弾奏が空になる前にリロードすると残弾がどれだけあっても消滅します。弾倉は使い切ってからリロードすること。まあそんなに撃つタイミングないが…。
  • イベントパートのコマンド操作が連打っていうのがちょっとわかりにくかった。気づくまで超死んだ。
  • 次に何をすべきかあまりよくわからないので、無駄にウロウロすることが多い…まあそれもあちこち見て回らせる仕様かもしれないが、たまにちょっと鬱陶しい(笑)
  • 歩くのが遅い…というのはSteamのレビューで言われてたが、普通のゲームが不自然に早すぎるのでリアルな動きとしてはまあいいんじゃないか。ただ冒頭の森で相方が走ってくれないのはちょっとだるい。遅れたらせめて走ってついてきて欲しい…
  • 字幕の英訳がザコい上にたまに表示時間が短すぎて読めない。

 

 【総評】

てっきりロシアの森をサバイバルという名目で散策するオープンワールドかと思ってたのだがだいぶ違ったので、オープンワールドを期待して買うのは失敗する。普通にエリアごとの一本道ゲーム。

まあ色々難点はありますが全体的にボリュームが薄いのが残念。インディーズなので仕方ないと言えば仕方ないのだが。ただ正直終わった後は「もういいや」というよりは「もっとプレイしたい」という感じだったので、是非続編もしくは同型のフルバージョンみたいな、ボリューム増し増し版が出てほしい。ストーリーをもっと長くして、そしてインタラクティブなオブジェクトももっと増やして、何なら画面上のほとんどのオブジェクトが操作可能とかになったら最ザ高だな。本当に、雰囲気や話自体はかなり好きなので、もしボリュームが増したら名作になるのでは。

Steamのレビューではゲーム性が低いとか言われてたのだが、雰囲気重視ならむしろガンガン敵を倒す系だと萎えるし、このくらい無力な方が個人的には好き。FPSでアクション性のあるノベルゲームみたいな(こないだやったBetrayerとかも割と近い。そのうちレビューするが)。まあこれ自体は正直大金積むようなものではないものの、期待上乗せで払うなら全然正規価格かそれ以上出してもよかったというくらい、雰囲気や物語、キャラクターが良かった。

 

 

…と、前のブログでやっていた記事を持ってきて編集。個人的に好きなゲームだったので推しておきたいから(笑)